掃瞄QR Code在手機端遠程控制播放
H5 QRcode
SmartSchedulerビデオマネージャー-デジタルサイネージとスマートスケジューラソフトウェアを合わせて使う

機能、特色

  • Windowsシステムでオフラインソフトウェア設計ができるのは初めて、画像を主としたインターフェースがシンプルで使いやすい。
  • 独自のポイントツーポイント技術を備え、ネットワークホストを必要とせず、リモート管理機能を提供します。これにより、マシンがオフラインで再生されていても、ネットワーク断線やブラックアウトを心配する必要がありません。
  • ソフトウェアライセンスは永久使用、月額料金不要です。独自のファイルコンテンツリモートシェア技術と、多様なモードにより、さまざまな管理ニーズに対応できます。
  • 独自の「クイックスタート再生モード」では、ファイルをインポートすると自動的に複製され、再生時に USB を挿入する必要がなく、美しく便利です。
  • 「カルーセルモード」では、スケジュールを設定できます。日付、複数コンテンツ、再生の時刻など、予約設定が可能です。
  • 縦向き、横向き、シングルボード全画面、デュアルボード分割画面など、さまざまな表示効果を提供します。
  • 独自の「デュアルスクリーンスケジュール」設計により、2つのモニターで異なるコンテンツを再生できます。これは、費用を節約し、ワイヤレス HDMI を使用して 1 つのマシンで複数の画面と複数のコンテンツを実現します。
  • 安心のロック画面パスワード管理機能で、再生の中断や改ざんを心配する必要がありません。
  • 多様なメディアフォーマットをサポートします: PDF、画像、ビデオ、URL、テロップ、BGMなど。
  • 待機画面の設定、時間表示、地域天気表示などの機能を提供します。
  • URL ウェブページをサポートし、そのウェブサイト、リアルタイム情報、または YouTube ビデオを表示できます。
  • 無料のリモート管理機能により、マシンの再生状態、現場状況を表示したり、リアルタイムメッセージをプッシュしたり、リモートでスリープ解除や休止状態設定などの機能を使用できます。
  • ホスト不要、アカウント不要、クローズドな Windows システムで、情報セキュリティを確保します。
  • ウイルス対策ソフトをインストール可能で、セキュリティをさらに強化。トロイの木馬(マルウェア)や悪意のあるファイルも安心です。
  • 企業内部のNASにデータを保存でき、別途ホストシステムプログラムをインストールする必要がありません。
機能、特色 機能、特色

活用場面

飲食メニュー、デジタルポスター、店舗商品、特売情報のデジタル化に最適

商品展示
表示方法の選択
表示方法の選択
表示方法の選択

Windowsデジタルサイネージのメリット ?

  • Windowsシステムは最も馴染みがあり、使いやすく、専門知識を必要としません。
  • 商品写真、宣伝動画、お店のメニューなど簡単にコンテンツの製作、再生ができます。
  • パソコンとして多目的に使用でき、一般的なPowerPoint、PDF、YouTubeライブストリーミング、Webサイトの閲覧、ビデオや写真の再生、Googleフォームを使用することが可能で様々な活動のニーズに対応することができます。
  • ネットワーク攻撃や切断を心配することなく、オフラインで使用することが出来ます。
  • Windowsはコンテンツのメンテナンス・更新を簡単に行うことが出来る為、中小規模の店舗でも導入しやすくなっています。また、androidは再生・更新にインターネット接続が必要になり、メンテナンスが難しく、月額料金も発生します。
  • Windowsはクローズシステムで、オープンシステムであるandroidよりセキュリティが高いメリットがあります。
  • システム安定し、メンテナンスが簡単に行えます。
  • 本体シリアル番号と連動しており、アカウントとパスワードが不要である、独自設計を採用しております。スマートフォン、タブレット、PCをサポートし、クラウド管理プラネットフォームに素早く簡単にアクセスすることが可能です。
  • カスタマイズ対応が可能、簡単にオンラインとオフラインの運用ができます。

従来のデジタルサイネージ(Android) VS. 新しいデジタルサイネージ(Windows)

従来のデジタルサイネージはほとんどのものがデジタルサイネージのほか、 OS本体、広告再生ソフトウェアを含んでおり、通常1台10万円以上かかる上、デジタルサイネージとしての使用しかできず、ソフトウェアの設定操作も複雑でした。広告としての価値はありますが、価格が高く一般的な中小型店舗や個人、地域には導入が難しいものでした。

デジタル広告革命

新しいデジタル広告はパソコン1台+モニター1台+SmartScheduler(スケジュールソフトウェア)だけで完成。手ごろな値段で、店舗のカルーセル広告を手軽に導入できます。

集中化されたクラウド管理

複数人版のクラウド管理機能は、複数の遠隔のデジタルサイネージを管理、コントロールすることができます。機能例:ソフトウェア再起動、リモート放映、リモートプレビュー、リモートカメラ、シャットダウンタイマー、スリープ、スリープ解除。同時に、文字や画像の情報を遠隔のデジタルサイネージのメイン画面に送信することができます。

リモート放映状態確認

リモートプレビューの機能を通し、遠隔の各デジタルサイネージの放映が正常に行われているかリアルタイムで確認できます。ソフトウェア再起動やリモート放映機能と合わせることで、各拠点のデジタルサイネージで最良の広告効果を実現することができます。

リモートシャットダウン、スリープ、スリープ解除設定

複数の拠点のデジタルサイネージを管理し、閉店時にコンピューターをシャットダウンしたり特定の時間にデジタルサイネージをスリープモードにしたりすることができます。
注:メイン機器のハードウェアが対応していなければ使用できません。

リモート文字/画像情報送信

遠隔のデジタルサイネージの放映時に、告知したいキャンペーンやセール情報がある場合、クラウドフォームを通して情報を遠隔のデジタルサイネージに送信することができます。

実用テクニック

パソコンをデジタルサイネージとして使用する際、Teamviewer等のリモートデスクトップソフトウェアをインストールすると便利です。すべてのSmartSchedulerスケジュールソフトウェアをインストールしたパソコンをいつでもどこでも気軽に操作でき、現場に行く必要がないためすべての再生内容を迅速に設定できます。

システム要件/規格

  • OS:Windows 10以降のオペレーティング システム
  • CPU:Intel4コア 1.44Hz以上
  • メモリーカード:2GB以上推奨
  • グラフィックボード:1024x768 16ビット以上
  • インターネット:ソフトウェア起動時はインターネット接続が必須であり、一部の機能は起動後もインターネット接続が必要です。
  • 対応入力形式:JPG/PNG/GIF画像、MP4動画、ホームページURL